EDを発症してしまうEDのきっかけとは?

 

様々な状況によって起こるEDのきっかけをご紹介します。

シアリス

「パートナーの期待が大きく、それがストレスとなりプレッシャーを感じてしまう。」
そんな状況に陥ってしまうと、必ず上手くさせなければならないと考えたり、また失敗してしまうんではないかと考えると、パートナーに駄目な人だと思われてしまうんではないかと考えてしまい、精神的に追い詰められて益々勃起がしにくい状況を作ってしまいます。

 

「EDを疲れのせいにしてしまった。」
前回駄目だった時は、疲れが溜まっているせいなんだと自分に言い聞かせていましたが、、体調が悪くないときでも勃たなかった時のショックと言ったら…。

 

「気がついたら朝立ちがなくなっていた。」
いつの間にかに朝立ちもしなくなり、彼女ともセックスレス。
こんな状態で、久しぶりにセックスをしようとした時に、ちゃんと勃つのだろうか。
陰毛に白髪が混じったり、年のせいで勃起しないではと、加齢のせいにしていませんか?
だれでも何時かは勃たなくなるかもしれませんが、元気な方はいくつになっても問題ありません。

 

「結婚生活が長くなり、セックスを出来る環境ではない。」
子供が成長して大きくなり、住宅の部屋数など、昔みたいに妻と思いっきりセックスが出来なくなる環境が続いてセックスレスになったりすると、どんどんセックスから遠ざかってしまい、気づいたら勃起すらしなくなってしまった!なんてこともありえます。

 

「一度セックスに失敗してから…。」
セックスの時に勃たなくて失敗してから、また失敗するんではないかと心配になり、自分からセックスが怖くなって避けてしまうようになります。
妻が寝室に入ってきても、寝たふりをしてそういった状況にならないように仕向けてしまうのです。
勃たなかった時の雰囲気には耐えられないと、そういった状況を続けてしまうと、夫婦間の中は更に冷めきってしまい、余計悪循環になってしまうのです。

 

「気持に体がついてこない。」
セックスをしたいので彼女を誘い、いざ行為が始まるとすぐに息子が反応しなくなってしまう。
彼女は、自分から誘っておいて中途半端に終わると怒ってしまう。
正直、セックスをしたい気持はあるのだが、体がついてこない…。

 

「妊娠がキッカケとなりセックスをしばらくしなくなってしまった。」
妊娠中はセックスを我慢していたのだが、いざ妻が出産してセックスをしようとしても、セックスの期間が空きすぎてしまって、思ったように出来なくなってしまったなんてことは、年齢にかんけいなく、若い夫婦にも突然起こってしまう事なのです。

 

「結婚20年も経てば、そりゃ勃たなくなるだろうと…。」
20年も連れ添った妻を見ても興奮しなくなってしまったと、妻が原因で勃たなくなってしまったと思っていた所、友人と一緒に風俗に行き若いこと、しようとしても息子がまったく反応しなかった時のショックは大きいものです。
海外薬

「自分に自信が持てなくて不安がつきまとう。」
昔は、バイアグラ・レビトラ・シアリスなんて薬の名前や、精力剤の広告なんかを見ても全く反応をしなかったのに、自信が持てずに最近そういったものが気になるようになってきた。
補助を得て、自信につなげようとしている。

 

①貴方は何時でも勃起をする事が出来、それを維持させることに自信がありますか?
②貴方は勃起した時に、何時でも挿入出来る十分な硬さを持っていますか?
③セックスが終わるまで、ずっと勃起した状態を保つことが出来ましたか?
④自分自身の勃起や維持の状況を見て、満足していますか?

 

この4つの中で1個でも駄目なものがあれば、貴方がEDの確率はとても高いです。

 

更新履歴